イデアグループ明光の感染症対策

2020年3月21日

新型コロナウイルスの感染症対策の一環として、明光義塾では生徒さんの安心・安全を第一優先のために3月2日から15日まで全国全ての教室で休講措置を取っておりました。なおこの約2週間については全ての授業を振替対応とし、教室長は教室で生徒さんからの電話による質問対応や家庭学習サポートを実施しておりました。
そして16日(月)から感染症対策を徹底していくことを前提に、明光義塾は授業再開致しました。これだけ世間で騒がれている中、また未だ学校の休校措置が終わっていない中で、これから塾に通うことに不安を感じている方もいらっしゃる事かと思います。そこで、明光義塾が実施している感染症対策を具体的に示すことで、少しでも不安解消に繋がっていただけますと幸いです。

 

感染症対策
①個別ブース
明光義塾の特色として、座席ごとにパーテーションで仕切られた個別ブースであるため、隣の生徒さんと話すことはできません。したがって、飛沫感染等の防止にも繋がります。

②教室内の消毒
スタッフの入退室時は勿論のこと、授業の度に机、パーテーション、イス、トイレ、ドアノブの消毒を実施しています。また、生徒さんの授業入れ替え時には必ず教室入口を開放し、換気を実施しております※教室内の換気扇は24時間常に稼働しております。

③教室スタッフの健康管理
毎日の検温は勿論のこと、公共交通機関を利用しての県外出張を禁止し、プライベートでも県外外出を自粛しております。

④通塾されている生徒さんの健康管理
通塾する日については必ずご自宅で検温し、健康管理カードに記録してもらい、教室長が毎回確認をしております。なお、37.5度以上の場合はその日の授業は後日への振替対応とさせて頂いております。※万が一健康管理カードを忘れた場合は、教室で検温を実施します。
また、マスクについてはご存知の通り入手困難な状況であるため、マスク着用は推奨とし、ハンカチ・ハンドタオルの持参を必須とさせて頂いております。ハンカチ・ハンドタオルの持参については、①咳エチケットとして使用する②手洗い時の手拭きに共有のものを使用しないため。以上2点が目的となります。

 4点が実施している感染症対策となります。なお、通塾についての最終判断は保護者の方にお願いしておりますので、熱がなくても通塾を控えたい場合は遠慮なく授業の振替希望をお伝え下さい。

授業再開!ABSニュースで放映されました。

イデアグループ統括監 明光義塾秋田本校教室校長 

小林 佑喜

 

小林佑喜プロフィール
イデアグループ統括監 明光義塾秋田本校教室校長 
「明光義塾最優秀講師賞」「明光義塾新設優秀教室賞」「優秀教室賞」等、数々の賞を獲得。
平成22年以降10年連続で秋田県中学生強化選手に「勉強の仕方」を講演。
平成29年以降4年連続 秋田県公立高校入試解答速報番組で国語を解説。