【必見】全中模試 試験監督 うえパン先生からの提言

2018年12月12日

 夏に比べ、受験生の皆さんのテストへの意識や見直しする姿はかなり改善されてきました。学校の実力テストや定期テストはもちろん、全中模試も含め、多くのテストを通し、皆さんが成長していることは間違いないところです。受験までの残り期間も、少しでも高いレベルを目指して日々正しい勉強を進めて欲しいと思います。
今回は第3回の試験結果と第4回の模試会場の様子から改善すべき点をいくつかご紹介したいと思います。
自分に思い当たるポイントがある方は普段から修正していく癖をつけていきましょう。

【5教科共通】
受験番号記入忘れ
 今回の模試でも数名いました。
「受験番号は書いたはず」と思わず、しっかり見直す習慣を身につけましょう。

字は丁寧に。読みにくい字はNG!
 アルファベットだとhとn、aとuなど。数字では4と9などは書き殴ったような文字だととても読みにくく、採点者にとっては判別しにくいケースもあります。せっかく点数がとれる部分も読めなくては点数をもらえなくなってしまいます。

【国語】
書き抜きの問題は一言一句変えずに記入。
 「そんなことは分かっています。」という受験生も多いと思いますが、実際には書き抜き問題において、表現を変えてしまっている人がいます。ほぼ正解!としてあげたいところですが、一言一句合っていないと0点となります。

【数学】
途中計算は大きめに!
 途中計算のメモを見ていると、とても小さい数字だったり、雑に書いてあったりすることも少なくありません。こういった行動は「不正解」になる行動になってしまいますので、大胆なくらい大きく見やすい数字で途中計算をしていきましょう。

空欄を埋めるセンスも身につけよう
 数学では正解率が10%未満の難問が出題される可能性が高く、どうしても解答欄に空欄を作ってしまう人もいます。もちろん時間をかける優先順位は低くなっていきますが、それでも数字を埋めることで、正解する可能性=0%から逃れることができます。
 例えば面積や角度・辺の長さ、比など単純に数字を埋める問題ではおおよその予測で答を埋めていくといいでしょう。あまりにも問題条件からかけ離れた回答は正解の可能性0%と変わらない結果となりますので要注意です。

【英語】
動詞、名詞の変形に注意
 英文や英単語を埋める問題では、答がひらめいた時ほど「変形」する必要がないかを確認しましょう。動詞では3人称単数現在形の~s、過去形などの変形し忘れで点数を落とすことも少なくありません。また名詞も複数形にしなくてはいけないケースも多いですのでスペルミスを含め変形に注意しましょう。

語句並べ替え問題は落とし穴だらけ?
 語句並べ替え問題においてはケアレスミスをしがちです。
 秋田県の入試や模試において、英語の語句並べ替え問題は英文の2番目と4番目にくる単語を記号で答える問題です。並べ替え問題で正解している人のほとんどはメモとして英文をしっかり書きながら正解を導き出します。一方でミスが多い人の問題用紙には記号のみのメモが書かれている印象が強いです。自分で英文を書き、黙読し、違和感が無いかを確認した上で記号を選ぶようにしましょう。
 更によくあるミスが語句の並べ替え漏れです。選んだ語句を消していく作業を当たり前にしていけるように練習しましょう。
 他にも「疑問文であることをうっかり忘れ、冒頭の語順を間違えた」などの凡ミスも気をつけたいところです。

【理科】
問題文の読み落としに注意!
 「すべて選べ」「誤っているものを選べ」などの文を読み落とし、分かっていたのに正解できなかったという経験は少なくないと思います。そしてそういったミスを何度もしてしまう人もいるのではないでしょうか。そういった人は『自分は読み落としが多い』と自覚し、問題文の最後の方をわざわざ読み直すくらいの慎重さを持っていきましょう。化学式(物質名)で答えなさい、などの条件にも注意しましょう。

【社会】
問題文の読み落としに注意!
 理科同様、問題文の読み落としのミスが出るのが社会。
 『ア~エの中から選べ』という問題に対し、『B』など別の記号で答えているものや ひどい時には語句を記入している生徒も。

以上、全中模試での注意点、見直しポイントの総括でした。

 

受験生それぞれで改善すべき点は様々だと思いますので、詳細は模試返却面談でアドバイスをもらってください。尚、持っている力を点数に繋げるための『発揮力』を低くしてしまうのが、上記に記したようなミスを誘発する行動・癖(くせ)となります。逆を言うと正しいテストの受け方を身につけることで発揮力は高まっていきます。明光義塾の冬期講習では、このような発揮力を上げる作業を繰り返していきます。
『正しい習慣』が身についていないという方は、お近くの明光義塾の教室長に相談してみてください。

イオンSC五城目店教室
教室長 上野将寛(ウエノ マサヒロ)プロフィール
ABSラジオ「タマリバ」ニックネーム:うえパン
指導歴16年 延べ1013名の生徒さんをサポート
・秋田大学卒 (中学時代バスケットボール部所属)
・平成15年  明光義塾教室長就任
・平成16年~ 4年連続 明光義塾栄誉教室賞受賞
・平成22·23·25·30年 公立高校入試 塾生全員合格!!
・平成26年  明光義塾山形エリア教務主任
・平成27年~ 明光義塾山形エリア統括責任者

 

秋田県内の学習塾中トップの合格者を輩出!
秋田県公立高校入試 合格者数第1位の学習塾 明光義塾!!
只今、上野将寛による学習相談を無料で開催しております。
お気軽にお問合せください。
018-852-5988